Vゾーンにかなり食い込んでる「魔法少女猫X(ぺけ)」レビュー

Pocket



11月23日(海洋堂ホビーロビーに23日にあったみたい)発売になった、海洋堂の「魔法少女猫X(ぺけ)」のレビューです。



「魔法少女猫X(ぺけ)」全身 (画像クリックで拡大縦画像)






全身 右横
全身 後ろ
全身 左横

ぺけは『魔法少女猫X』に登場するキャラクターで『魔法少女猫X』はウィキペディアによると『保健所の役員・高校生山本ヤマトは獣人「EVO」が氾濫する東京で、子供のころに拾ったネコ獣人・ペケにEVOを捕獲させる仕事を与える。そして、そのペケもまた「EVO」である。ペケは封印を解くと「X」に変身する。
ふだんは「ご主人様」ヤマトのただの”虐待”にも見えるSM的愛情で同棲している。
セリフの一部の単語「ふたなり」「アイノコ」が単行本発売元、角川書店の規定で差し替えられた。』という作品。



バストアップ 大きなネコミミとリボンが自然についている




とっても無邪気な表情 軽く開いた口が可愛らしい

頭に付いた大きなリボンと大きなネコミミが特徴的。大きなネコミミは髪の流れと一体化していてとても自然についている。手には自らのカラダに絡めたリードを持っている。



猫ってあまりリードを付けない気がするけど、ぐるぐる巻きに




タニマを分断するリードがスク水のした微妙な膨らみを強調する

首から出たリードはそのままスク水に付けられた名札(ぺけ)の上を通っていて、スク水の下に隠されているであろう決して大きいとは言えない膨らみを強調している。微妙な隆起がいいですね、スク水なのでもう少し平たくてもいいかなという気もしますが。



スク水には「Mizuho」とラベルがついている




手に持たれたリードはかなりきわどく食い込んでいる

タニマを通過して、カラダをグルグルっと回って手元へとたどり着くのですが、その手前にはゴールへの最後の難関、Vゾーンがっ!!リードはかなりきわどくVゾーンに食い込んでいるように見えます。リードは柔軟性のある素材なので、ぷにゅぷにゅと引っ張ることもできます。



後姿のアップ しっぽはスク水に穴が開いていてそこから出ている感じ




品川500 ね893
横から見下ろし

【関連記事】
「魔法少女猫X(ぺけ)」海洋堂ホビーロビーの展示

海洋堂
魔法少女猫X(ぺけ)

魔法少女猫X – Wikipedia
宮園博久氏作品初のPVC化 海洋堂「魔法少女猫X ペケ」発売他(萌えよ!アキバ人ブログさん)