リボルテック No.20 グリフォン レビュー

Pocket




2月15日に発売になった、海洋堂リボルテック No.20 グリフォン(AA)のレビューです。









全身 右横
全身 後ろ
全身 左横

グリフォンはウィキペディアによると『通称「黒いレイバー」。他のレイバーとは比べ物にならない運動性能・パワーを持つ、SEJの企画7課が現在技術的に考えうる最高の性能を実現すべく莫大な研究開発費を注ぎ込んで土浦研究所で秘密裏に開発・製造したレイバー。余談だが、漆黒の機体で圧倒的な存在感を持つ機体というコンセプトは、『鉄人28号』に登場したブラックオックスを髣髴とさせる。』と書かれる。

リボルテック No.20 グリフォンはリボルバージョイント数14カ所の全身45カ所稼働で、ボーナスパーツとしてオプションハンド×3とディスプレイベースが付属する。ボーナスパーツは少ないものの、可動カ所が多く様々なポーズを楽しむことができそう。

鋭角なフォルムに艶やかな黒の塗装がとてもカッコよく、ツヤ感がありながらも締まった感じの黒で所々に入る 赤が良く映えます。全身を通してスマートなラインで、流れるようなポーズ感じのポーズがとてもよく映えます。



上半身のアップ 鋭角なフォルムに艶やかな黒の塗装がとてもカッコイイ




ツヤ感がありながらも締まった感じの黒で所々に入る 赤が良く映えます




胴体部や下半身のアップ スマートなラインをしています


座りポーズで開いた手のパーツ




足が長くきれいなので、片膝を着いたポーズがすごく様になります




右腕を伸ばして少し勢いのある感じ


跳んでいるポーズの可能




かなり勢いのある感じのポーズも作ることができます


ちょっと見えにくいですが、親指を立てた手パーツ

【関連記事】
ルイズに動物ねーちゃん、リボルテック 2月15日発売のフィギュア
「機動警察パトレイバー イングラム2号機」レビュー

海洋堂
REVOLTECH(リボルテック)シリーズ
リボルテック No.20 グリフォン(AA)
機動警察パトレイバーの登場メカ – Wikipedia