リボルテック エヴァンゲリオン量産機 レビュー

Pocket




5月15日に発売になった、海洋堂リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 羽付き(AA)とリボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 武器付き(AA)のレビューです。



エヴァンゲリオン量産機 羽付き(AA)、武器付き(AA)で共通のボディ






全身 右横
全身 後ろ
全身 左横

通常版(?)はエヴァンゲリオン量産機 翼Ver(AA)で、ヴァンゲリオン量産機 武器Ver(AA)はフレンドショップ限定となっています。5月16日の時点で、アマゾンでは武器Verのみ品切れ(マーケットプレイスには有)となっていますが、アキバでも武器Verは多くのお店で品切れになっていました。

エヴァンゲリオン量産機はウィキペディアによると『アダムより製作された。量産型機。カヲルがベースとなったダミープラグにより稼動する。S2機関を実装。伸張する翼を標準装備しており、飛行可能である。携帯武器は諸刃の剣(脚本では槍となっている)であるが、これはロンギヌスの槍(コピー)に変形する。ウナギのような眼の無い頭部が特徴的である。また、エントリープラグ挿入口や全体的なデザインが他のEVAと異なった設定になっている。』と書かれる『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器。

アマゾンの商品紹介によると『「人類補完計画」の感遂を目的として、秘密組織ゼーレによりひそかに開発されていた、“量産機”ことエヴァンゲリオン5~13号機。劇中では、エヴァンゲリオン弐号機と自衛隊との戦闘中に、突如飛来する姿が印象的。各機体とも搭乗者は存在せず、「第17使徒タブリス(渚カヲル)」を元とした「ダミーシステム“KAWORU”」により稼動する。』と紹介されています。

ちょっと猫背で首を突き出す独特のポーズには独特の気持ち悪さがあります。特に、武器Ver.付属のダメージ仕様ヘッドを装着するとリアルすぎて怖いくらい。白いボディに至る所に黒で墨が入れられていますが、塗りはやや微妙な感じでした。翼がないとイマイチかっこよさが出ないけど、武器が無いとちょっと寂しいというやはり両セット必須な組み合わせになっています。セイバーさんさんみたいに大型パッケージにしてくれてもいいのにっ。写真は最後の1枚以外、翼Ver、武器Verの組み合わせでのみ撮ってあります。



上半身のアップ ちょっと猫背で首を突き出す独特のポーズ




白いボディに至る所に黒で墨が入っています 塗りはやや微妙


翼Ver(AA)の翼装着時、全身 翼は大きくカッコいいです




ただ翼を装着しただけで、随分の様になる感じがします




羽の左右の部分がリボルバージョイントで繋がれ、様々な羽ばたきが出来ます


翼を大きく広げたポーズ 黒く広がった翼がカッコイイ


翼付き状態で、地面に立っている感じ


翼を水平に広げ、飛んでいる感じ


武器Verは頭と両腕のダメージパーツも付属 ヘッドパーツがかなりリアル


片手を失った状態で、両刃刀を持った感じ


両刃刀を構える


ロンギヌスの槍は2パーツ構成で非常に長い


暴走状態のヘッドパーツとダミープラグも付属


翼Verでロンギヌスの槍を構えたところ

【関連記事】
リボルテック第二世代の第一弾 リボルテック・セイバー 発売
リボルテック・セイバー from Fate/stay night レビュー
リボルテックヤマグチ No.25 メガトロン レビュー
リボルテックヤマグチ No.22 零式 レビュー
リボルテックヤマグチ No.23 ダンガイオー レビュー
全身可動セイバー 「第二世代リボルテックに セイバー登場!」
リボルテック No.20 グリフォン レビュー
リボルテック No.19 コンボイ、ウルトラマグナス レビュー
リボルテック No.18 ジャイアントロボ レビュー
空も跳べる「リボルテック No.16 マジンカイザー」レビュー
緑の量産型敵メカ 「太陽の牙ダグラム ソルティック」レビュー
「機動警察パトレイバー イングラム2号機」レビュー
【レビュー】リボルテック第6弾 レヴィとエヴァ四号機

海洋堂
リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 羽付き(AA)
リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 武器付き(AA)

エヴァンゲリオン (架空の兵器) – Wikipedia
リボルテック・エヴァンゲリオン量産機 発売
海洋堂リボルテック「No.26 エヴァ量産機 翼/武器」発売