リボルテック エヴァンゲリオン初号機 F型装備 レビュー

Pocket




6月15日に発売になった、海洋堂リボルテックヤマグチ No.28 エヴァンゲリオン初号機 F型装備(AA)のレビューです。









全身 右横
全身 後ろ
全身 左横

F型装備はウィキペディアによると『「それまでの使徒戦の戦訓から「火力の向上」「重装甲化」を施す。」「それに伴う重量増を補うための「ATフィールドを利用した機動力の上昇」」等のコンセプトに基づいて、前述のインパクトボルト等の追加武装を施したとする設定である。来るべきゼーレとの決裂を予期した上で、量産機との対決をも見越した改装であり、空挺降下戦用のものと名称が重複しているのは、ゼーレの目を欺くためである。』とされる装備。

wヴァンゲリオンストアの商品紹介によると『第二世代となってますますパワーアップしたリボルテックに、ゲーム用新設定のエヴァ初号機 「F型装備」が登場! 初回に限り、特別価格! 重装甲と呼ぶべき特徴的な外装を再現しつつ、可動性能を追求、プロポーションデザインとアクション性の高次での融合を実現しました。』と紹介されています。

ボーナスパーツはインパクト・ボルト×2、プログレッシブ・ダガー×2、オプションヘッド、オプションハンド×6、ディスプレイベースが付属します。ボーナスパーツはそこまで、変わったものはないのでF型装備の重装甲が値上げの原因なのかもしれません。その重装甲は、ずっしりとしていてカッコイイですが、エヴァ独特のひょろりとしたしなやかな感じは失われてしまっている印象です。





これはこれでカッコよくはあるのですが、エヴァ独特のしなやかな感じはありません


頭部は通常の初号機仕様なので、F型装備の装甲とは色が異なります




遠目で見ると違和感ないですが、近くで見ると素材感も異なり若干頭が浮いている印象


ボディのアップ 股間の部分からも初号機本体が見えています




フトモモはかなりガッチリ
背中は結構空いています


付属のボーナスパーツ ハンドパーツが中心


プログレッシブダガーを両手に構える感じ 以下、適当にポーズを何点か




プログレッシブダガーを片手で構える全身と、両手で構える全身


腕のマーキングなどもしっかりと入れられています ずっしりな動きが似合う印象




抜き手を構えるポーズ
ハイキックなポーズ


両肩のインパクト・ボルト パーツ差し替えで オプションヘッドも装備中

【関連記事】
リボルテック トロ レビュー『ねんど○いどじゃないよ?』
リボルテック 劇場版/エヴァンゲリオン弐号機 レビュー
リボルテック エヴァンゲリオン量産機 レビュー
リボルテック第二世代の第一弾 リボルテック・セイバー 発売
リボルテック・セイバー from Fate/stay night レビュー
リボルテックヤマグチ No.25 メガトロン レビュー
リボルテックヤマグチ No.22 零式 レビュー
リボルテックヤマグチ No.23 ダンガイオー レビュー
全身可動セイバー 「第二世代リボルテックに セイバー登場!」
リボルテック No.20 グリフォン レビュー
リボルテック No.19 コンボイ、ウルトラマグナス レビュー
リボルテック No.18 ジャイアントロボ レビュー
空も跳べる「リボルテック No.16 マジンカイザー」レビュー
緑の量産型敵メカ 「太陽の牙ダグラム ソルティック」レビュー
「機動警察パトレイバー イングラム2号機」レビュー
【レビュー】リボルテック第6弾 レヴィとエヴァ四号機

海洋堂
REVOLTECH(リボルテック)シリーズ
リボルテックヤマグチ No.28 エヴァンゲリオン初号機 F型装備(AA)

エヴァンゲリオン (架空の兵器) – Wikipedia