リボルテック ディスヌフ レビュー『荒ぶる鬼面、最古参の歴戦の勇士!』

Pocket




7月14日に発売になった、海洋堂リボルテックヤマグチ No.30 ディスヌフ(AA)のレビューです。









全身 右横
全身 後ろ
全身 左横

ディスヌフはウィキペディアによると『現存する最古の機体で、十番台で現存しているのは本機のみ。歴戦の勇者で、全身に戦傷がある。左腕は60番台のパーツを利用した義手であり、右目の角はおよそ500年前の戦闘で突き刺さったものである(修理しないのは、角が脳幹をかすめており、下手にいじると貴重な戦闘経験値を失いかねないこと、更にディスヌフ自身が修理をいやがったことによる。)。』と書かれるバスターマシン。

HLTの商品紹介によると『動かす度に新発見! 可動というものの楽しさを再発見できる「ディスヌフ」!
膝部分の大胆なクリック可動が新鮮!細部まで考え尽くされた構造は感動ものです! 
準備稿にしか登場しなかった幻の武装、“バスタークラッシャー”をはじめ多彩な
武器・オプションパーツが 付属!こだわりの商品構成をお確かめください!
リボルテックにより、劇中イメージ同様の“肉弾戦”アクションが全て再現可能!
以前販売・好評でした“ガンバスター”や、8月発売予定のBOME「バスターマシン7号・ノノ」と並べて楽しめるサイズ!
大ボリューム造形で、ディスヌフの重量感を演出、更にリボルバージョイントでポーズも思いのまま!』と紹介されています。

顔は小さくも、するどい眼光がカッコイイです。『過去シリーズに例を見ない最大のボリューム』とされるようガッチリとした作りで、ボリュームを感じされる迫力のあるボディです。



上半身のアップ 顔は小さくも、するどい眼光がカッコイイです




『過去シリーズに例を見ない最大のボリューム』とされるよう
ガッチリとした作りで、ボリューム感があります




腕はまっすぐか曲がった状態のいずれか
腕一本からも迫力を感じます


ガッチリとした背中 マントもリボルバージョイントで繋がれ可動します


腕組みポーズ マントが動くので腕を抜いても固定されます




拳を構える感じ
腕組みポーズ 左側から


このまま突き上げる感じ?


キックっぽいポーズ 空中ポーズも色々と可能です




バスターゲイターを構え


背中に鬼面パーツを装備 『超攻勢型』


準備稿にしか登場しなかった幻の武装『バスタークラッシャー』を装備




オプションヘッド
マントの裏には武装が装着可能みたい

【関連記事】
ノノ バスターマシン7号 サンプル展示『BOME氏らしい髪が素敵』
シリーズ30作品突破!! リボルテッック ディスヌフ 発売
リボルテック エヴァンゲリオン初号機 F型装備 レビュー
リボルテック トロ レビュー『ねんど○いどじゃないよ?』
リボルテック 劇場版/エヴァンゲリオン弐号機 レビュー
リボルテック エヴァンゲリオン量産機 レビュー
リボルテック第二世代の第一弾 リボルテック・セイバー 発売
リボルテック・セイバー from Fate/stay night レビュー
リボルテックヤマグチ No.25 メガトロン レビュー
リボルテックヤマグチ No.22 零式 レビュー
リボルテックヤマグチ No.23 ダンガイオー レビュー
全身可動セイバー 「第二世代リボルテックに セイバー登場!」
リボルテック No.20 グリフォン レビュー
リボルテック No.19 コンボイ、ウルトラマグナス レビュー
リボルテック No.18 ジャイアントロボ レビュー
空も跳べる「リボルテック No.16 マジンカイザー」レビュー
緑の量産型敵メカ 「太陽の牙ダグラム ソルティック」レビュー
「機動警察パトレイバー イングラム2号機」レビュー
【レビュー】リボルテック第6弾 レヴィとエヴァ四号機

海洋堂
REVOLTECH(リボルテック)シリーズ
HLTの商品紹介
No.30 ディスヌフ(AA)

バスターマシン – Wikipedia
トップをねらえ2! – Wikipedia