Q-joy らき☆すた 柊つかさ(チア衣装) レビュー「たまらん」

Pocket



3月24日に発売になった、バンダイQ-joy らき☆すた(AA)の中から、「柊つかさ」のレビューです。



Q-joy らき☆すた(AA)
今回もパーツが盛りだくさん ぱんつパーツ?まであります
チアガールなつかさは、ボンボンとハンドパーツの2種類が差し替えできる仕様


胴体と頭部を繋げただけ ここまでならゴツくならず、胸像フィギュアっぽい感じ

Q-joyはウィキペディア(Q-JOY)によると『巨大な関節がむき出しという「キューブリック」や「レゴ」のような旧世紀の玩具然とした造形には多くの美少女フィギュアファンが驚愕した。』『むき出しかつ大胆な大きさのジョイントにより可動範囲は広い。ただし関節の代償として「プロポーションって結構重要だとは思わないのよね」と開発者が思ったか定かではないが、体格が非常にゴツい。』などと書かれるコレクションフィギュア。

また、『余談ではあるが、「QJOY」をキーボードで打つ際にかな変換だと「たまらん」に誤変換され、本作の神がかり的なイメージに一役買っている。』とも。いいや、本当にたまらん

第三弾の「らき☆すた」のラインナップは「泉こなた、柊かがみ、柊つかさ、高良みゆき」全4種。うち、ハルヒの憂鬱のときの長尾と同じく、1つだけピックしてチアガール衣装な「柊つかさ」のレビューです。

【関連】Q-joy らき☆すた「こなた、かがみ、つかさ、みゆき」サンプル展示

やっぱり今回もパーツがズッシリと封入され、プラモ見たいな感じになっています。各パーツを組み立てて行くと、相変わらずゴッツイ姿に組み上がりますが、お顔はまあまあ可愛らしいかも?関節の抜けやすさはあるものの、可動範囲は広いので色々とポーズを作って遊ぶことは出来そうです。ただ、自立するのは結構大変なので、支えの台座があるといいかも。







箱の中側が組立説明書
脚パーツ組み上げ
腕パーツ組み上げ



Q-joy らき☆すた(AA) 「柊つかさ」 全身






全身 4方向から 何とか自立することが出来ました





バストアップ 開いたお口がちょっと間抜けっぽいですが、パチっとした瞳はまあまあ可愛らしい印象かも


チアガール衣装で、手にはボンボン、可動ということで「もってけ!セーラー服」のワンシーン的なポーズもある程度は出来るかも?









前後に腕を動かすとちょっと立つのが難しい感じ (足元を支えています)









立ちポーズはバランス悪いので、膝立ちポーズは安定していい感じ




付属のハンドパーツは、腕や脚とは微妙に材質&色の異なる感じ
指差しなクセのあるポーズだってというのが、使い辛いですが他と組み変えろということでしょうか

【関連記事】
Q-joy 長門有希 レビュー『フィギュアというより、プラモな印象』

バンダイ
Q-JOY – Wikipedia