おっぱいの先ツンすご過ぎ「一騎当千 関羽雲長 コミック13巻表紙絵」サンプルレビュー

Pocket





ダイキ工業より12月に発売予定の一騎当千 関羽雲長 コミック13巻表紙絵(AM)のサンプルレビューです。ダイキ工業にて撮影させて頂きましたデコマス(彩色見本)になりますので、参考程度にご覧下さい。



一騎当千 関羽雲長 コミック13巻表紙絵(AM)は原型製作が萩井俊士氏(スタジオ猿分室仮設所)、約1/6スケール、全高280mm(頭頂まで)のPVC完成品フィギュア。価格16,590円(税込)にて12月発売予定。

あみあみの商品情報では「一騎当千の原作版より、コミック13巻の表紙絵をPVC完成品で立体化!!
関羽のキャラクター身長で1/6スケールだが、普通に1/5スケールはあるボリューム!!立体映えするイラストなので造形美もいうことなし、細かい造形も手抜きなし、パーツ数は脅威の50パーツという渾身の造形!!髪に代表される細かい造型や、巫女装束など見栄えのする造型!!当然、キャストオフ可能!!おまけパーツとして、差し替え用胸パーツ付き!!1つのフィギュアで何通りも楽しめる遊べるフィギュアです。」と紹介されています。

巫女装束の白衣を脱ぎ、肩にかけ、胸には今にもほどけそうなサラシを巻いたスタイル。胸パーツの差し替えによる、サラシがほどけた姿や、袴の脱着、白紙の脱着などが可能で様々な姿を楽しむことが出来ます。サラシがほどけた姿では残った一巻きがおっぱいを押さえつける感じで先っちょの起ち具合がすごいことになっています。











全身 5方向から 巫女装束の白衣を脱ぎ、肩にかけたスタイル 胸には今にもほどけそうなサラシを巻いています







バストアップ ちょっぴりあどけない感じの可愛らしい雰囲気を感じさせつつも凛々しい表情な印象 左目にかかる前髪や、流れる髪が細やかで美しいです









ボリューム満点の胸元にはサラシを巻かれ、むにゅっとした感じになています







袴もボリュームがあり、重厚感のある印象 ややローライズで履かれ、左右にはスキマがあるため下には何もはいてないように見えちゃったりもします¥







肩に引っ掛けるようにされた白衣もボリューム感があり、迫力のある感じ
白衣にプリントされた龍の模様が美しく、非常にカッコイイ印象です





後ろ髪はうねるように流れる感じで、非常に美しいです





青龍刀「冷艶鋸」の切先 龍のヘッド部分は金色になっています



足元 下駄と足袋はしっかりと別々な感じの見栄え 親指の部分なども細やか



胸元はコンパチパーツによるポロリ仕様 袴もキャストオフ可能です
以下、おっぱいの先っちょ部分は拡大画像隠しなし(18歳以上推奨)









おっぱいぽろり、袴キャストオフ 全身 4方向から









今にもほどけそうだったサラシはほどけ、おっぱいがポロリな状態
サラシ部分は完全にほどけてしまわず、ちょっと残り、むにゅっとした感じです





むにゅっと抑えるサラシもあってか、先っちょがもの凄いことになっています
起っているなんてレベルじゃない感じ



ウエストラインも生々しい肉感です





面積が非常に控えめなパンツはローライズで、更にスジもしっかりと浮かんでいます



おみ足はムチっとした筋肉質な感じで、しなやかで美しい印象





右手が空いた状態になりますが、背に羽織った白衣も取り外しが可能







白衣を外すとお尻もあわらになり、もの凄くムッチリとした感じ パンツの紐の食込みが激しいです







袴をはいたまま乳だけポロリなスタイルも可能 13巻表紙イラストのカッコいい雰囲気はそのままに、乳だけポロリが何ともいい感じ









【関連記事】
関羽雲長(13巻表紙Ver)キット「WF2008夏限定」サンプル画像 先っちょがっ!

ダイキ工業
ダイキ工業「関羽雲長PVC(13巻表紙絵)」
一騎当千 関羽雲長 コミック13巻表紙絵(あみあみ)