縞パン、見えちゃう「シャイニング・ウィンド シーナ」レビュー

Pocket





マックスファクトリーより、2009年3月4日に発売になった、シャイニング・ウィンド シーナ(AA)のレビューです。





ケツを突き出して、縞ぱんモロ見せ!? (ややローアングルからのカット)

シャイニング・ウィンド シーナ(AA)はグッスマの商品情報では「『シャイニング・ウィンド』から「クレハ」に続き、主人公と行動を共にする幼なじみ、赤薔薇のシュバリエ「シーナ」の登場です。今回もTony氏のイラストを忠実に再現する事を第一に制作。腰を突き出し明るい笑顔をこちらに向ける無邪気さと、強調されたボディラインの艶かしさとの絶妙の対比が魅力的な逸品です。」などと紹介されるフィギュアで、原型制作は内嶋靖浩氏・マックスファクトリー、1/7スケール。

ムッチリとしたケツを突き出しつつ、後ろを振り返る感じのポージングでお顔には柔らかな笑顔を浮かべています。ShineなBlogさんで「肝心なところをファインダーに入れないように撮影するのが非常に難しい作品」と紹介されていますが、フィギュアと目線を合わせたアングルで見ると、とても普通に縞パンが見えちゃう感じです!

















全身 8方向から ムッチリとしたケツを突き出しつつ、後ろを振り返る感じのポーズ







バストアップ パッチリとした瞳に、白い歯を見せた可愛らしい笑顔な表情
頭の上に乗った帽子は脱着が可能で、マグネットでとまっていそうな感じ



後頭部 ショートカット髪の毛は、毛先がシャープです







どうしてもお尻に目が行ったり、ポーズ的に目立たなかったりしますが、じっくり見ると胸元も何気にボリュームのある感じ 胸当て部分はアーマーな感じになっており、金属質な質感です



チラリと覗く胸元の白肌がいい感じです



肩のケープと服の間にもスキマがあり、しっかりと造り込まれていますが、外したりは出来なさそうな感じです







薔薇のカフスや、袖のフリルも造り込まれた手元とレイピアの柄の感じ
レイピアは手のガード部分と刃のみが別パーツ取り付けで、柄は固定されている感じ







背中や左右から見るウエスト周り ケツ突き出し、腰捻りのとっても艶かしいポージングに合わせての腰回りの皺感の造り込みが非常に細やかな印象です



背中の腰の部分をもうちょっとアップで







超ミニなスカート シーナ視線ぐらいの高さからのアングルですが、普通に縞パンが見えちゃっています







その分、逆に前側は非常にガードが固め ちょと目立ちませんが、服の白い部分や金属質部分はパールがかっていたりと細部まで雰囲気のある造りです







ケツを狙う者を突き刺すようなポーズのレイピアと、腰に吊るした鞘









フトモモムチムチ、特徴的なニーソをはいたおみ足 4方向から



フトモモ部分には薔薇の模様 凸モールドで、ちょっぴり出っ張っています



ブーツもフサフサな部分や、網紐のピン?の感じなど、細かに造られた印象







ややローアングルから覗く縞パン!! 白と水色の縞縞でわずかにモールドのある感じで、触り心地がなかなか素敵です お尻や付根の肉感はムッチムチ



帽子は、マグネットでとめられた感じで着脱が可能









帽子を外した状態 全身 4方向から 結構、スッキリとした感じに







帽子を外したバストアップ より柔らかで、可愛らしい印象をうけます







下の方から覗き込む ケツ!と縞パン スカートは脱げない感じでした
脱ぐまでもなく色々と見えていますが・・・



小ちゃく可愛いリボンも!

マックスファクトリー
グッドスマイルカンパニー
シーナ
ShineなBlog  〜輝き失いし風を継ぐもの〜

シャイニング・ウィンド シーナ (1/7スケールPVC塗装済み完成品) シャイニング・ウィンド シーナ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools