HG AFTER WAR 1/144 スケール「GX-9900 ガンダムX」素組みレビュー

Pocket

HG AFTER WAR 1/144 スケール「GX-9900 ガンダムX」素組みレビュー


バンダイより、2010年4月15日に発売になった、HG 1/144 ガンダムX(AA)の素組みレビューです。
HG 1/144 ガンダムX(AA)

HG 1/144 ガンダムX(AA)は、アマゾンの商品紹介では「HG新展開!宇宙世紀を超えたラインナップ開始!第一弾は機動新世紀ガンダムXから主人公機の「ガンダムX」が登場!サテライトキャノンは前方へと可動し、受光部も展開可能。受光部には、受信装置を思わせるモールドとホログラムシールにより、角度によって異なる光彩を表現。」など紹介される、1/144スケールプラモデルキット。

胴体周りを中心に、結構細かくパーツ分けされ彩色が表現されており、素組みでも細かい部分までカラーが再現されています。サテライトシステムのリフレクター部分には、ホロシールが付属となっており貼るだけでもキラキラとキレイに光を反射します。以下、素組みレビュー。

武器を持たずに、立ちポーズで全身 4方向から
ボディ各部のアップ(ランナー切り跡がきたなくて、すいません・・・)
胴体部分や腕の部分など、結構細かくパーツ分けされ彩色が表現されています
サテライトシステムに、バックパックに装備した武装
以下、適当に動かした感じ
シールドバスターライフルを手にした姿 
収納時にはシールドバスターライフルは銃身とサイトが可動
グリップ部分はパーツの脱着が必要になっています
ビームソードを引き抜く感じ
ビームソードはグリーンのクリアパーツ 粒子が少し広がる感じになっています
シールドモードのライフルは、ライフルモードとは別パーツで再現
ショルダーバルカンを動かした感じ
ホバリングモードで全身 4方向から
リフレクター部分には、ホロシールが付属しており、貼るだけでもキレイに光を反射します
サテライトキャノンを構えて
動かし忘れの写真もまざっていますが、キャノンの先端部分は可動して伸びます
HG 1/144 ガンダムX(AA) レビューでした

バンダイ
バンダイホビーサイト

B003AH6EPU HG 1/144 ガンダムX
バンダイ 2010-04-17

by G-Tools