「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 -memories(秋葉原)-」フィギュアレビュー

Pocket

スカートも脱げる、元気なポーズ「高坂桐乃 -memories(秋葉原)-」レビュー


コトブキヤより、2012年1月26日に発売になった、俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 -memories(秋葉原)-(AA)のレビューです。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 -memories(秋葉原)-(AA) レビュー

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 -memories(秋葉原)-(AA)はコトブキヤの商品情報では「質感までも巧みに表現したニットのベストからチラリと見えるインナーや、ちょっぴり短めのプリーツスカートから覗く健康的な脚、色や形にこだわりを感じるアクセサリー類など、何が嬉しいのか、満面の笑顔でこちらを振り返る桐乃からは、溢れんばかりの魅力がいっぱいです。今にも駆け出しそうな、見てるこっちまで元気いっぱいになってしまう、そんな造形をご堪能ください。」と紹介されるフィギュアで、原型製作がひろし氏(桜前線)、1/8スケール。

ショルダーバッグを右肩に掛け、軽やかに駆ける感じの元気なポーズ。パッチリとした瞳に、大きく開いた口元が魅力的な元気いっぱいな可愛らしい表情を浮かべています。髪や私服には自然な動きの感じが表現され、ポーズと合わせて自然あ躍動感を演出。ノースリーブのニットから覗く二の腕や、黒いプリーツスカートから覗くフトモモには張りのある肌感が表現され、健康的なセクシーさが表現されています。さらにスカートが脱着可能で、可愛らしくもセクシーな白パンツも存分に楽しめます!

全身 8方向から ショルダーバッグを肩に掛け、軽やかに駆ける感じの元気なポーズ
バストアップ パッチリとした瞳に、大きく開いた口元が魅力的な元気いっぱいな可愛らしい表情
背になびく後ろ髪は柔らかなで、風に流れるような動きが表現されています
ノースリーブのニット姿のボディ部分のアップ
脇や胸元に黒いインナーがチラリと覗く様子がちょっぴりセクシーです
上下から見る胸元 ニット越しにもやや控えめながらしっかりとした膨らみが確認できます
ピアスとお揃いデザインのネックレスは脱着も可能です
左右から見るボディ 横から見る胸の膨らみに、チラリと覗く脇が魅力的です
お腹周りのアップ ニットには、皺や陰影の感じが細かに造り込まれています
ローアングルから見る背中周りのアップ 肩から腰にかけての曲線や、捻りの入ったラインがなんともセクシーな感じです
両腕のアップ 左手はバッグに添えられ、黒いシュシュをつけた左手には控えめなピースサイン
爪先は、薄い紫のマニュキュアに彩られています
右肩に掛けられた、ショルダーバッグのアップ
表面の柄や、金具部分などが丁寧に造られています
黒いプリーツスカート周りのアップ 裾がフワリと風に揺れる様子が自然に表現されています
背中側から見るスカート周りのアップ スカートの裾が大きく舞い、パンツもチラリ
ローアングルから覗くパンツのアップ 
元気に勢い良く駆けるポーズが表現された、おみ足 4方向から
プリっとした肌感が健康的なセクシーを表現した、フトモモ周りのアップ
ブーツのアップ 皺感や、ソール部分のハート模様など細かに造り込まれています
台座に装着できる、イラストカードが付属
イラストカードを台座に装着するとこんな感じで飾れます
ただでさえパンツが丸見えだった、プリーツスカートはさらに脱着も可能
スカートの脱いで、全身 6方向から
スカートを脱いだ状態で見るお尻周りのアップ
パンツはシンプルに白一色で、縁のフリルやお尻に食い込む皺感などが細かに造り込まれています
前側から見るパンツのアップ 面積はやや控えめで、リボン飾りも可愛らしいです
足の付根周りのムッチっとした肌感がたまりません

コトブキヤ
高坂桐乃 -memories(秋葉原)- | KOTOBUKIYA
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂 桐乃 -memories(秋葉原)-(KD)

B005J2VWRO 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 -memories(秋葉原)- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
壽屋 2012-01-27

by G-Tools